うつ患者ブログ

うつ病(双極性障害)の患者が書いているブログです。病気やお金のことなどを書いています。

本:ツレうつ(ツレがうつになりまして。)

ツレうつツレがうつになりまして)」という本を読んだので、感想などをまとめていこうと思います。この本は、テレビや映画にもなったので非常に有名な本だと思います。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

小説ではなく漫画

文庫本だから小説なのかな?と思っていました。でも、小説ではなく漫画です。絵もかわいくて、読みやすいと思います。

うつ病で活字の本が読みたくない、という場合にもお勧めです。

本の内容

作者の貂々さん(てんてんさん・てんさん)と、うつ病になった旦那さん(ツレさん)の闘病生活が書かれています。

スーパーサラリーマンの(会社でバリバリ働いていた)ツレさんが、ある日うつ病になって、会社を辞めることになってしまいました。しかし、会社を辞めても、すぐにうつ病は良くなりません。でも、2人で一緒に毎日を生きていく。その生活が描かれています。

また、ツレさんのちょっと変わった行動や性格など、ユーモアたっぷりに描かれていて、おもしろかったです。うつ病の本ですが、暗いだけの本ではありません。そして、本の中にはツレさんのエッセイもあり、同じ患者として共感できることが多かったです。

ご家族にもお勧め

うつ病の方だけではなく、ご家族の方も読まれると、この病気のことが理解できると思います。てんさんの視点から、うつ病患者との付き合い方も楽しく描かれていました。