うつ患者ブログ

うつ病(双極性障害)の患者が書いているブログです。病気やお金のことなどを書いています。

統合失調症と双極性障害は似ている

今回の記事

統合失調症双極性障害の似ている症状を書きます。色々調べていると、以下の症状が似ていると思いました。

統合失調症の陽性症状

陽性症状は、幻覚や妄想といった、本来あるはずのないものが現れる症状です。自意識の過剰や、思考の障害、行動の異常、といった症状も見られます。

双極性障害躁状態

躁状態でも、幻覚や妄想が出現することがあります。また、自分はすごい人間だといった誇大妄想や、迫害を受けているといった思い込みなどの症状が出ることがあります。

統合失調症陰性症状

陰性症状は、感情表現が乏しくなったり、意欲が低下します。周りのことに興味や関心を失ったり、自閉的になったり、引きこもったりもします。

双極性障害うつ状態

うつ状態でも、意欲が低下したり、興味や喜びを喪失してしまいます。何をしても楽しいという感情がもてなくなります。疲れやすくなったりするので、外出も少なくなります。

統合失調症の薬

統合失調症の薬(抗精神病薬や非定型抗精神病薬など)は、双極性障害に有効なことがあり、同じ薬を処方されることもあります。

参考サイト

統合失調症に似た症状を呈する病気との鑑別診断(その他の疾患) | どのように診断されるの?/鑑別診断 | 診断する | 統合失調症ナビ

あるはずのないものが現れる陽性症状 | どんな病気?/症状と機能障害 | 理解する | 統合失調症ナビ

感情表現が乏しくなったり、意欲が低下する陰性症状 | どんな病気?/症状と機能障害 | 理解する | 統合失調症ナビ