うつ患者ブログ

うつ病(双極性障害)の患者が書いているブログです。病気やお金のことなどを書いています。

病院で伝えること(躁状態について)

過去に躁状態があったら伝える

うつ病で病院に行くと、うつの症状だけを伝える人が多いと思います。過去に躁状態があっても、社会生活や人間関係が破綻していない限り、当時は調子が良かったんだと捉えて、最初からは話さないようです。しかし、過去の躁状態を、きちんと医師に伝えることが大切です。

なぜなら、うつだけの症状が現れる単極性と、うつと躁が現れる双極性では、治療方法が異なるからです。過去に躁状態があれば、双極性として治療を受ける必要があります。

単極性と双極性の治療方法

単極性は抗うつ薬での治療が一般的ですが、双極性は気分安定化薬や非定型抗精神病薬などで治療するようです。

診断が双極性に変わる人は多い

双極性なのに単極性の治療を受けていると、抗うつ剤を飲んで「躁転」することがあるみたいです。それで患者に話を聞いたら、過去に躁状態もあった、ということも多いようです。その時点で診断が変わり、治療方法も見直されるようです。

自分で躁だったのか分からない場合

躁なのか分からないエピソード(判断の難しい症状)があったら、ひとまず医師に伝えてみることが重要なんだと思います。自分1人で、単極性か双極性なのかを判断する必要ないと思います。

早く良くなるためにも、最初から病気を正しく診断してもらい、適切な治療を受けることが大切です。