うつ患者ブログ

うつ病(双極性障害)の患者が書いているブログです。病気やお金のことなどを書いています。

気分安定化薬の種類 - 双極性障害

同じ気分安化定薬がでも効果が違う

双極性障害の場合、気分安定化薬を用いる治療が一般的です。ただし、気分安定化薬であれば何でも良いというものではありません。気分安定化薬と呼ばれる薬は、効果に違いがあります。

3つの分類

気分安定化薬は、効果の違いによって、以下の3つに分類されます。

躁で苦しんでいる場合は、躁状態に効く気分安定化薬を飲む必要があります。躁状態なのに、うつ状態に効く気分安定化薬を飲んでも効果は期待できないようです。

躁状態に効く薬

1. バルプロ酸ナトリウムデパケン

2. カルバマゼピンテグレトール

うつ状態に効く薬

1. ラモトリギン(ラミクタール)

躁とうつの両方に効く薬

1. 炭酸リチウム(リーマス

  • 血中濃度の測定が必要とされている。
  • 抗うつ薬と併用することで、難治性のうつ病(単極性)にも効くと言われている。これは、いわゆる増強療法と言われています。

感想

今まで、全ての気分安定化薬は、双極性障害躁状態うつ状態の両方に効くんだと思っていました。今回、薬によって効果が違うと知って、「う~ん、薬って奥が深いな・・・」と思いました。

また、4つの薬を比較すると、炭酸リチウムの効果(の広さ)が目立つ気がします。躁とうつに効くし、難治性のうつにも効くので、さすが気分安定薬を代表するものなんだな、と思いました。